2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カッセル〜ミュンスター〜ヴェネチア〜パリ 02

2017年10月11日

ミュンスターについて最初に食べたのがなんと!
IMG_2694.jpg

続きを読む "カッセル〜ミュンスター〜ヴェネチア〜パリ 02"

: 2017-10-11 14:28 | | Trackback (0)

カッセル〜ミュンスター〜ヴェネチア〜パリ 01

2017年09月28日

旅の始まりはドイツのカッセル。
フランクフルトの空港から電車を乗り継いで2時間。ホテルにチェックインできたのは家を出てから24時間後。長旅〜、でもお腹は空いていた。ホテルのスタッフにオススメのドイツ料理店をたずね歩き出す。寒い。8月の末なのにウルトラライトダウンを着ている私。
L1060363.JPG

続きを読む "カッセル〜ミュンスター〜ヴェネチア〜パリ 01"

: 2017-09-28 18:45 | | Trackback (0)

タスマニア2017 #3

2017年02月12日

ホバートから車で1時間、マウントフィールド国立公園は美しい景色だけではなく日々の暮らしを支える水源地でもある。
L1060015.JPG

続きを読む "タスマニア2017 #3"

: 2017-02-12 22:07 | | Trackback (0)

タスマニア2017 #2

2017年01月24日

5日間のタスマニア滞在。キッチン付きのアパートメントホテルに家族3人で仮住まい。タスマニアのレストランは私には少し物足りなく、いっその事、自炊を楽しもうと。
食材の税関チェックがすごく厳しい。なので日本からは持ち込まず、現地のスーパーで全てを調達。調味料は塩、胡椒、オリーブオイル、ドレッシング。パンにパスタ、コーヒー、ジュース、牛乳、ヨーグルト、クリームチーズサラダパック、卵、野菜各種、フルーツ、そして焼きたてのローストチキンが1羽900円!。
L1050829.JPG

続きを読む "タスマニア2017 #2"

: 2017-01-24 12:39 | | Trackback (0)

タスマニア2017

2017年01月23日

遠い、ほんとうに地の果てに、又来てしまった!(うれしいほうのビックリマーク)時差もほとんどなく気候もいい、そして何よりこのフードフェスティバルTaste of Tasmaniaにまた来る事ができた。
フジロックに通っていた頃、あのゲート前で覚えた高揚感と同じものがこみ上げる。
L1050832.JPG

続きを読む "タスマニア2017"

: 2017-01-23 18:48 | | Trackback (0)

明けましておめでとうございます 2017

2017年01月04日

年末は吉田屋お節部の皆様のおかげで、素敵なお節にありつけました。
L1050812.JPG

続きを読む "明けましておめでとうございます 2017"

: 2017-01- 4 08:23 | | Trackback (0)

若狭、能登への旅 03

2016年10月08日

旅の最後の宿泊場所は珠洲にある「湯宿さか本」。
知り合いからこの宿の話を聞かされていたが「何のおかまいもない」。とは、その通り。
L1050647.JPG

続きを読む "若狭、能登への旅 03"

: 2016-10- 8 13:42 | | Trackback (0)

若狭、能登への旅 02

2016年10月03日

初めて訪れた能登半島。ちょっと曇り空だけど、海は墨をたらしたようなグレーまじりのグラデーションが美しい。夏の日差しを浴びた緑が断崖まで迫り出し、生きようとがんばっる。
L1050633.JPG

続きを読む "若狭、能登への旅 02"

: 2016-10- 3 14:07 | | Trackback (0)

若狭、能登への旅 01

2016年09月15日

家族の夏のスケジュールが合わず、夏休みが秋に持ち越した。母が曾祖父の出である輪島に一度行きたいと言っていたのを思い出し、若狭から能登半島を旅する事にした。
L1050580.JPG

続きを読む "若狭、能登への旅 01"

: 2016-09-15 21:11 | | Trackback (0)

兵庫の旅 2

2016年07月02日

一乗寺に向かう頃にはすっかりお昼時で、車を走らせながら門前で蕎でも食べようなどと話していた。でも道はどんどんと山に向かい、最後にはS地カーブがくねくねと続きだす始末。心の中の淡い期待はみごとに打ち砕かれ不穏な空気が漂い始めた「やばい、」寺の駐車場に着く頃には「何にも無いとこに来たな〜」と。いやそもそも寺なんて修行の場だから何にも無いとこにあってこそ然る。京都の寺にすっかり慣れている自分が悪いのだ、と気を取り直し中に入る。
L1050299.jpg

続きを読む "兵庫の旅 2"

: 2016-07- 2 14:43 | | Trackback (0)